プチトマトをニンジャのように切るステキングな方法

| コメント(0)


動画の解説には「プチトマトをニンジャのように切る方法」とあるけど、要はきれいに素早く二つに切る方法。普通のサイズのトマトならともかく、プチなサイズのを数多く切るのには、一つ一つやってたのでは時間がかかるし面倒だし、ざくざく潰してしまうかもしれない。ってことで登場するのがお皿2枚。

「お皿、ナンデ!?」的な感はあるけど、これが非常にシンプルで頭の良い方法。まずはお皿の上にプチトマトをざくざく乗っけて、そして同じサイズのお皿を上にのせる。重圧かけて潰しちゃダメよ。

すると当然のことながら、プチトマトの厚みの分だけ上下のお皿の間にすき間が開く。お皿を抑えたまま、そのすき間部分によく切れるナイフを入れてざっくりと切り込んでいけば、トマトはすべてきれいに真っ二つにできるという次第。ははぁ、なるほどねえ。

この手法、似たような形状の野菜をはじめとした食材にも応用できる。まさに「この発想は無かったわ」的な感じ。人気のある動画のジャンルの一つとしてHowToものがあるってのも、これなら納得できるわねん。


(【ソース:Like Cool】)。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年4月17日 07:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ツイッターのスパムは尽きるところなし・人気テキスト抽出&誘導先URLの事例」です。

次の記事は「じゃがりこ 抹茶クリーム(セブン-イレブン)試食」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31