未来の任天堂はこんな3Dゲームを展開するかもしれない

| コメント(0)


霧状の液体を噴霧して空中にスクリーンを作ってそこに画像を投影したり、壁に映像を映したり、専用の眼鏡やスマホ経由で情景を見ることでリアルとCGを一体化させたり......様々な手法でVRだのARが展開されているけど、未来はこんなゲームで楽しめるんじゃね? 的な映像。

ベースはWii U。タブレット型のコンソールを使って広場でリアルなゲームキャラクタや場面などを展開させ、ある時はキャラクタを操作し、ある時はプレイヤー自身がキャラクタに成り代わり、ゲームを楽しむという仕組み。3Dタイプのリアル化だけど、遊びの根幹部分は今とあまり変わらないという。マリオの影がちゃんと描写されているあたり、リアルだなあ、という雰囲気がある。

でも、それにしてはプレイヤーがあまり面白そうな顔をしてないのね。役者が下手なのか、それともそういう演出なのか......いくらビジュアルをきれいに、本物のようにリアル化しても、ゲームの面白さとはまた別物だという皮肉もあるのかもしれない。

これとはちょっと視点を変えて、プレイヤー自身がゲーム内のキャラクタとして参加する形で、リアルさを楽しんだらというのがこちら。


状況の突然の変化にあたふたしつつも、ぎこちなく、でもちゃんとゲームをこなしていくあたりがかえってリアルだな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年4月10日 07:12に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ウイングキットコレクション14はロマンあふれる複葉機、94式2号水偵もあるよ」です。

次の記事は「見た目はマジックな消しゴム、とな......? しかも5色ですぞよ!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31