壮大なるダンボール戦争映画

| コメント(0)


以前【段ボールでリアルな銃撃戦】で紹介した、舞台背景や服装などはかなり凝っているんだけど、武装のみが段ボール製、しかも多分におもちゃおもちゃしている装備による自作戦争映画の本格版。

ドイツ軍と対峙するアメリカ軍の物語を描いており、銃や手投げ弾の類、さらには対戦車砲などに至るまで、ちゃんと段ボールで創られている。いや、良く見ると無線機や時限爆弾なども段ボールだな。要は戦争を容易にイメージさせる機材はすべて段ボールってことなんだろうな。

以前何度か「素人作りの名作映画」を紹介したけれど、これもまた似たような雰囲気で、出演している人たちはいたって真面目に、リアルな銃などを持っているのと同じように演技をしているので、面白真面目さが作品のツボとしてプラスされる結果になっているんだよね。戦争そのもののの虚しさ、人々の争いなんていうこと自体、おかしなものなんじゃないの? というメッセージすら伝わってくる。

こういった切り口の作品が視聴できるのも、YouTubeのようなサービスの存在あってこそ、だよね。


(ソース:【ツイッター】)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年2月24日 06:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「【追記あり】「まとめ」が出来なくなる!? 2ちゃんねるに自由利用マークが設定されていた」です。

次の記事は「結局のところ、都知事選分析の本家サイトなどへの転用は無しになりそう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31