スマホ用「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」がもう200万ダウンロードを突破した件について

| コメント(0)


先日本家サイトにて
【これはオドロキ・スマホ版「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」4日で100万ダウンロード達成】で紹介した、配信開始から4日間で100万件のダウンロードを記録した、スクエニのル「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」。先日2月4日にはサービス開始から11日間で200万ダウンロードを突破したことが発表された。100万ダウンロードから1週間での話となる。ゼロから100万までが4日、100万から200万までが7日だから、ダウンロードスピードは落ちているけど、それでもなお順調な伸びには違いない。

今件タイトルは基本プレイは無料でアイテム課金制。多くの人がプレイして盛り上がり、競争心が高まれば高まるほど、運用側のメリットも大きくなる。今回の盛況ぶりを見る限り、十分成功の部類に入る感はある。あとはどれだけ継続してプレイヤーを留められるか次第。「金の地図」周りでお茶目なところも見せているようだけどね。

このペースで行けば今年度中には300万ダウンロード位は達するんじゃないかな。ゲームのシステム的にも汎用性は高く、繰り返して遊べる要素も多いので、本家「ドラクエ」より長持ちするかもしれない。

ちなみに今ニュースを本家で展開しない、いやできなかった理由ってのはごく簡単。「200万突破」しか新規情報が無く、記事の展開が難しいから(笑)。いやぁ、必要最小限のことだけを書くと「低品質」扱いされかねないし、ゲームの基本的なところや背景まで詳しく書くと、先の「100万件突破」との重複として見なされて、やはり「低品質」扱いされかねない。本当の読者目線なら、どちらの記述でもありとは思うのだけど。変な時代になったものだ。


(c)2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(c)SUGIYAMA KOBO

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年2月 5日 07:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「銀河鉄道の夜」をイメージしたC58、臨時列車「SL銀河」で活躍」です。

次の記事は「昔懐かしカセットテレコとiPhoneが一体化した「iRecorder」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28