なんだこれ? 巨大な赤ちゃんに水をかけるCM

| コメント(0)


いきなり登場する巨大な赤ちゃんと、それに向けて笑顔で水をかける男性。なんだこりゃ、「進撃の巨人」の巨人側の内幕かとも妄想できるようなシーンだが、周囲の人は誰も妙な視線を向けることはない。駐車場に座っている赤ちゃんに向けて走ってくるカートを慌てて止めたり、車庫のシャッターを開けると笑顔を見せる赤ちゃんとご対面したり、消防車用の給水口のそばで泣きじゃくる姿を見て途方にくれたり......

「あれ?」とそろそろ気が付いた人も多いはず。これ、実は実際にはすべて自動車によるシーン。自動車を赤ちゃんに置き換えて、自動車の持ち主に「あなたは自分の子供をあやすように、ていねいに扱い、可愛がっているはず」という表現をしている。そして「それでもなお、トラブルを起こしてしまうこともある。だからこそ、わが社の保険に入りましょう」という次第。

子供への愛情をマイカーへのそれとシンクロさせ、感情の親近感、リアリティを高めるのと共に、「え?」と視聴者を驚かせて注目させる。2つの点で賢い切り口のCMだね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年10月29日 06:49に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「まんがタイムきららキャラット2013年12月号 読了」です。

次の記事は「強がる兄貴をいなすあの老人の秘密は?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31