販売店でのたばこのマージンは10%だった件について

| コメント(0)
↑ たばこ1箱あたりの定価の構成(メビウス・410円の場合)
↑ たばこ1箱あたりの定価の構成(メビウス・410円の場合)


本日付で本家サイトにて掲載予定の、たばこ関連の税金の話を書きつられていて気が付いたこと。以前【コンビニでは1日何箱たばこが売れているのかを計算してみる(下)】などで「販売店でのたばこのマージンって10%位だよな、でも間接的な情報で一次情報が無いのでちょっと悔しいな、どうにかしたいな」的なことを書いていたけれど、JTのアニュアルレポートを読み返していたら、その値がズバリ書いてあった。

販売店でのマージン(販売手数料)は10.00%。マイルドセブン......じゃなくてメビウスは410円なので、店舗側には41円/個の手数料が入る計算になる。粗利益率は10%なわけだ。コンビニの商品における平均粗利益は3割前後なので、これは確かに薄利多売的な商品に違いない。

ってことは例えばローソンでは1日あたり340個ものたばこを売っていることになっているけれど、そこから得られる利益は340×420(たばこの平均価格)×0.1=約1万4300円。かなり微妙なラインだな、これは。ついで買い効果が無いと、辛いってのも良くわかる。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年10月19日 07:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「JAXAがNASAとの共同ミッションをイカすアニメでプロモーション中」です。

次の記事は「いつまでたっても上に登れない階段だワン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31