レゴ版「役立たずマシン」登場との話

| コメント(0)


以前【世界一の役立たずマシンが連装強化されたぞ】などで紹介した、人さまがせっかくオンにしたスイッチをかたくななまでにオフにしなおす、ただそれだけの役割を持った「役立たずマシン」。それをレゴで創った人が現れたという話なので動画をチェック。

モノリス風な箱の上に赤いスイッチが一つあり、何気にオンをすると、棒が出てきてスイッチをオフに。それに気が付いた男性が躍起になって箱との攻防戦を繰り広げていく。「ため」や「フェイント移動」などもこなす、高度な仕様らしい。しかもレゴ製ってことは、誰にでも作れるってことだよね。

男性の演技の上手さもあり、「役立たずマシン」が際立って見えるのがステキなところ......だけど役に立たないことには違いが無い。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年9月28日 19:40に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「まんがタイムきららキャラット2013年11月号 読了」です。

次の記事は「腹芸ならぬ背中芸で曲を奏でる男」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29