巧みなお手玉を披露するカワウソくん

| コメント(0)


ドイツのオーバーハウゼン海洋博物館で飼育されているかわうそ君。岩の上に横たわってゴロゴロしていて気持ちよさそうだな......と思ってよく見ていると、奥手のカワウソが白い小石とじゃれ合い、さらにその石を右手から左手、左手から右手へと投げ渡しし、まるでお手玉のようなしぐさをしている。

石をわざわざ自分の手元に持っていく仕草などを見ていると、たまたま偶然というわけでは無く、遊びのようなものとして認識して「お手玉」をしているんだろうね。何らかのきっかけでこの「お手玉」を覚えたんだろうけど、落としもせずにひょいひょいと投げ続けられるのは、やはりすごいなあ。


(ソース:【Neatorama】)

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年9月21日 12:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「まんが4コマぱれっと 2013年11月号読了」です。

次の記事は「人間が奏でる「生きたオルガン」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30