バーチャル靴屋さん

| コメント(0)


VRやAR技術を用いて既存の社会をより便利に、より面白くしていく工夫・挑戦が日々行われている。これもその一つで、ドイツの靴屋さんGoertzが展開したバーチャル靴屋さん。大きな全身鏡的スクリーンの前に立つと複数のセンサーがターゲットしてデータを集積。その上でさまざまな靴を履いた状態で(つまり試着したビジュアルを)スクリーンに描いていく。利用者はカーソルなどを操作して靴の種類やサイズを選び、自分に合った靴が選べる仕組み。

好みの靴を選べたら、そのシーンを撮影して友人に配ることもできるし、選んだ靴をQRコード経由で「その場で」「モバイルサイトから」注文できる仕組み。

編集したというのもあるんだろうけど、利用している人に投影されるARな靴のフィット感が半端無い。違和感をほとんど覚えないんだな、これが。洋服もこのレベルでの「試着」が可能になれば、もっと色々なことができるんだろうなあ......もっとも服の場合は靴以上に、細かい部分でのフィット感があるので、この場で購入ってのは難しいだろうけど。


(ソース:【Creative Criminals】

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2012年6月 5日 07:03に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「絶対に勝てない相手とのバトルを繰り広げる猫」です。

次の記事は「重おくすりから中おくすりへ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31