【更新】恐らく各地で同じ話が・過去の津波で高台に移転した町、表浜地区

| コメント(0)

[300年前の英断に感謝(東愛知新聞)]


大きな地図で見る


いまから300年前、駿河湾沖を震源地とする宝永の大地震で大津波を受けた後、多くの集落がそっくり後背地に移った。

「宝永4年(1707)10月4日の午後1時半すぎ、突然大きな地震が起き、ややあって大津波が襲ってきた。山が崩れ、谷が埋まり、人馬の多くが死んだ」。とくに赤沢、東伊古部、西伊古部の被害が大きく、「約1.5キロ四方が水の中に没した。人々は小高い山に避難。避難生活は2カ月にも及んだ」と伝える。

海岸から約2キロ離れた場所に立地する東観音寺によると、同寺は当時海岸そば、切り立った海食崖の背後にあり、地震および大津波で大きな被害を受けた。 同寺では「おそらく、大津波で被災した住民らが後背地に移ることを決めた。寺も損壊したことから一緒に移ったのだろう」と推察する。同寺の移転は翌年に始まり、9年間かけて完了したという。

「海岸居住を捨てる」という大きな決断のおかげで、安政元年(1854)の大地震では「片浜十三里みな崖崩れる」状況に陥りながらも人的被害はそれほど大きくなかった。

いまも海岸そばに、当時をしのぶ碑などが建つ。住民は口をそろえて「いまわれわれが、安心して暮らせるのは、あのとき思い切って集落ごと移転してくれた先祖のおかげ。英知と勇気を讃えたい」と感謝する。


今朝の【街道が物語る先人の知恵・津波は「街道手前で」止まっていた現実】について、【「愛知県渥美半島にある表浜街道も津波を避けて作られているそうです」】という話をいただいた。参照先(上)を見ると確かにその通り。しかもこちらは明確に、被害を受けて同じことがないようにと高台に移したことが明確に記録されている。

結局自然の力にあらがうことが叶わないのを早々に認識できるからこそ、より確実に「あらかじめ逃げておく」という賢明な選択肢を取ることができたのだろうな、と先の街道の話と合わせて思い返す。その観点から見ると、歴史を探求してその姿の起因を調べるってのは、本当の意味での「古きを訪ねて新しきを知る」、過去の英知の蓄積を会得することにつながるんじゃないかな。

恐らくはこんな話は、日本中に点在していると思うんだな......。

※リンク訂正しました。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年4月21日 17:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「東電・今夏5500万kW確保を目標に」です。

次の記事は「東日本大地震の前後の様子をリアルタイムで・「雲」の動きに注目との言及」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30