「新しい生活様式」の確からしさ

| コメント(0)


先日新型コロナウイルスにかかわるあれこれを調べていた時の話。結局のところ当初の予想通り今年度中は感染対策を前提とした生活が続くのだろうなという状況を再確認した上で、求められている行動のあれこれって以前提示された時にはブーイングの嵐と嘲笑すら受けた「新しい生活様式」そのものやん、ということを改めて知るなど。

求められているものはさほど難しいものではないはずなんだけど、あえて逆のことをしてみたり、指示に従わなかったり、反発は個人の自由だと斜め上の姿勢を見せる人が少なからずいる。それは公表された当時も今も変わらない。

発表当時にぶー垂れていた人は今でもブーブーうなっているのだろうか。


感染リスクが高まる場面集。発表当時は忘年会・新年会需要は全滅だなという感想が漏れたけど、まさにそんな感じが体現化している。昨今の感染者数の増加における要因の少なからずは、これで指摘されているような場面で生じているからねぇ(会食以外ではカラオケが目立つんだよな)。低温・低湿度でウイルスが飛びやすくなっているのだから、ますます気をつけねばならない状態にあるわけで。

この類の話をテレビや新聞で繰り返し啓蒙するだけでも、十分に効果は出る気がするんだけどね。マスク着用の徹底とかさ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年11月21日 07:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「アマゾンのサイバーマンデーは11月27日から」です。

次の記事は「まんが4コマぱれっと 2021年1月号読了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31