クレームへの対処法は「テロに屈するな、譲歩するな」

| コメント(0)


先日の処理水を放流する話云々に関して、反対していた界隈からは指摘されているような叫びがこだまする。曰く「安全なら、問題無いのなら、なぜ今までため込んでいたのだ。ため込む行為そのものが、危険であることの証ではないか」と。つまり、理由となるような実情を既成事実化してしまう手法なわけだ。証拠がないのなら作ってしまえばいいじゃない! とどこぞの女子高生がドヤりそうな話ではある。

結局のところ今件のような話も含め、非論理的なクレームに対しては、お気持ちとか感情とかには配慮などせず、粛々と処理をしていくのが一番なのだろう。下手に対応すると必ずその対応を足場に、ますますつけあがるだけだから。クレーマー以外は誰も得をしない。

これって結局のところ、テロリズムに対する標語というか認識の「テロに屈するな、譲歩するな」と同じなんだよね。理由も同じ。対応する、譲歩するとそれを既成事実化し、さらにもっともっとと要求を積み上げて来る。初めの一歩を踏み出させないようにすることこそが、何より肝心である、という次第。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年10月20日 07:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「松屋で「0円定期券」なるものを無料配布」です。

次の記事は「例のお手軽センサーライトを調達使用してみました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31