眼鏡は新型コロナウイルス感染を減らすという珍説。と思ったら...

| コメント(0)

眼鏡好きには朗報なお話。眼鏡をかけているとそうでない人に比べ、新型コロナウイルスの感染確率が低くなるという統計が出たとの話。nが今一つなのでもう少し大きな調査対象母集団が必要になると思うけど、興味深い傾向ではある。

理由というか原因としては恐らく指摘されている通り単純なもので、眼鏡をかけていると目に触れる機会が少なくなる、ダイレクトに粘膜部分に飛沫が触れるリスクが減る、ということぐらいかな。つまり、フェイスシールドをつけているのと似たような状態。

こういう統計の勘案の仕方、とても好き。色々な細かいデータがあれば、もっと色々と精査をしたいところではある。また、これって要は眼鏡の度数の度合いは関係無いのだから、伊達眼鏡とかサングラスでもいいってことだよね。日常生活でゴーグルはさすがにアレだけど、伊達眼鏡とかなら問題はなさそう。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年9月18日 07:02に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「リプライを禁止すると余計に拡散するリスクが」です。

次の記事は「平気でうそをつく人をリアルで目撃した件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31