リプライを禁止すると余計に拡散するリスクが

| コメント(0)


先日導入されたツイッターの新仕様の1つ、ツイート主がそのツイートに対してリプライできる人の権限のコントロールができるようになったというもの。これを悪用する形で、スットコな話(本人はそうは思っていない)について、意図的にリプライをツイートした相手のみ行えるようにしたところ、かえってその話が広まってしまうというケースが生じている。

要は直接のリプライはできないけど引用リツイートは可能だから、もりもりそれを使われてしまう。すると引用されたツッコミ元のツイート内容も合わせてツイートされるので、ツイート回数がそれだけ増えてしまう(結局リツイートだからね)。すると、トレンドに載る可能性が出てきて、トレンドに載るとより多くの人に延焼し、さらに火の勢いは強くなってしまう。リプライだけなら元のツイートの内容はタイムラインには直接配信はされないから、トレンドのリスクは生じないのだけどね。

引用ツイートされたものがすべてトレンドに載るわけではない。だから完全にリスクが増えるわけではない。炎上するかしないかだったのが、炎上は抑えられるけど下手をすると大爆発するよという感じ。1か0だったのが100か0というところか。

結局のところ、炎上しそうな話は公言しないのが一番なんだけど、往々にしてツイートした本人はそんなことは分からないし、本人の思惑とは別のところで火がつくこともあるからねえ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年9月17日 07:12に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「気象庁の広告の件」です。

次の記事は「眼鏡は新型コロナウイルス感染を減らすという珍説。と思ったら...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31