アウトソージングの良し悪し

| コメント(0)


自分達がカバーできない領域、持つのには色々と問題があったり、コスト面で負担を感じていたり、楽をしたいなと考えてる時に役立つのがアウトソージング。要は作業工程の一部を外部に丸投げしてしまうようなもの。当然相応の対価が必要になるけど、キャパを超えるような仕事を請け負う機会が出てきたりすると、役立つ仕組みには違いない。

ただしこれを当たり前のもの、つまり自分達の作業ラインの構成要素の一部が最初から他所任せという前提でこなしていると、その部分を習得する機会が得られない。結局のところ説明にある通り、アウトソージングに使うお金って本来は、自社に投資してその部分を内作できるようにするためのコストのはずだったのだから。悔しいけど、それって外注先に投資をしているのと同じだよ、と表現すれば、頭の固い人でも理解はできるはず。

確かにアウトソージングは賢いビジネス手法の一つに違いない。ただ、それに頼り切っていると自社の成長はおぼつかない。それともアウトソージングだけでコントロールするような商社的なポジションを目指すのかな。あと、アウトソージングは基本的に他に頼むってことだから、自分の都合で動いてくれるとは限らないし、リスクも相応にある。その辺りまでちゃんとそろばん勘定をしているのなら問題は無いのだけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年9月 1日 07:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「キンコーズ 24時間営業を廃止」です。

次の記事は「としまえんとトイザらスとしまえん店、最後の日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31