米国でのBLMの実情

| コメント(0)


Pew Research Centerでの直近のBLM問題への認識調査結果。指示とあるけど支持の誤変換で、BLMを支持している人の割合は低下中とのこと。ただ先の大統領選でよく知られているけど、政治関連でアグレッシブな選択肢がある状況では、下手に自分の思いを回答するとどんな目にあうか分からないという怖さがあるので、実のところBLMへの支持はもう少し低いのかもしれない。

問題なのはむしろその属性別の中身。黒人間ではむしろ微上昇してたり、民主党支持者の間では9割台がいまだに支持をしていたり......。

結局は少なくともBLM問題は米国内では、ほぼイコール反トランプ活動と考えてもよいのかもしれない。一部州での状況悪化に対する意図的な放置とか、狂気とも思える施策の決定など、そういう仮定で見直すと、容易に理解ができるというもの。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年9月19日 06:37に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「年を取ることとスマホのバッテリーと」です。

次の記事は「「ホットケーキまん」が9月25日から復活販売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31