定価の10倍トラップも・アマゾンでのPlayStation 5騒動

| コメント(0)


当方自身は最近というか年単位でゲーム機の類は買わなくなって、サルベージした昔のゲーム機を色々とつなげてプレイして楽しんだり動画を作っていたりするわけだけど、家庭用ゲーム機界隈では3DSが生産を終了したりPlayStation 5が発売されるなど、未来を生きている。いや、当方が過去に生きているだけか(笑)。

で、そのPlayStation 5ではあるのだけど、先日アマゾンで予約受け付けが始まったというのでちょいとのぞいてみたら、案の定というかなんというか、マケプレ業者が大活躍していたの巻。

業者にしても例えばヨドバシとかビッグのような大型有名店のアマゾン出張所みたいなところではなく、怪しげな住所だったりどう見ても個人だろうというものだったりと、まるでヤフオクのアカウントのような感じ。価格が定価の10倍とか、どういうことなのか...というか、実商品が無いのに販売していいのだろうかという気も。ヤフオクではないからそういう取り決めは無いのかな。


やはり色々と問題になったようで、ひっかかって10倍の価格で間違った注文をしてしまった人にはキャンセルの手立てをアマゾン自身で講じてくれるよう手配をしたようだし(業者の中にはキャンセル料を取ろうとしたところもあったそうな)、今朝がたまでにはその類の怪しげなマケプレ業者は壊滅状態になっていた。

特にペナルティがない以上、こういうことをやる業者は同じようなことを何度でも繰り返す。配信コストがほぼゼロになったスパムメールと同じ構図。何か良い手立てはないものだろうか。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年9月19日 07:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「ホットケーキまん」が9月25日から復活販売」です。

次の記事は「モラルは空気のようなもの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31