各所で猛暑日観測、熱中症にダイナミック注意

| コメント(0)
熱中症による救急搬送者数の観点から。


毎年7月中旬~9月頭までは搬送者数全体に占める少年(7~18歳の男女)の比率が有意に低下する傾向があります。これは夏休み期間では学校行事に縛られることなく少年が無理をせずに活動出来、さらに帰省などで涼しい環境に居られることによるものだと考えられます。

一方今年は新型コロナウイルス流行による休校の影響で夏休みが短縮されることが多く、本来夏休み期間中に登校をする事例も多々ありえます。また行事を詰め込む関係で無理な行事進行が行われることもあるでしょう。さらにマスク着用が求められ、公共施設や商業施設での涼み行為(クールシェア)も敬遠されています。

適切な判断が難しく、また身体の不調を感じても大人の指示には従わざるを得ないと考えることが多い子供には、特に熱中症への配慮をお願いしたいところです。


8月に入ってから8月っぽくなってきたなという、よく分からないフレーズを使いたくなるようなほどに、7月までの梅雨の大雨から一転し、8月に入ったとたんに夏がまとめてやってきた感じ。まぁ、夏っぽくてどこが悪いのかという感はあるけど、やはり暑いのは苦手だし、身体にも悪い。

今年は新型コロナウイルスの関係でクールシェアがしにくいってこととかマスク着用が必須になっているということもあり、さらに子供達の夏休みが短縮されているケースが多々あることから、熱中症の搬送者数が山ほど増えるのではないかなという懸念がある。現状ではまだ前年同期の方が多い状態だけど、来週発表分あたりから状況は変わってきそう。

とにかく熱中症には要注意。子供とお年寄りには特に注意喚起を。


で、そのクールシェアなんだけど、今年はモロに新型コロナウイルスによる感染症の拡大とかぶるので、どうなんだろうと思っていたら、案の定クールシェアそのものを中止するところも結構出ているんだよね。クリスマス中止みたいなノリの香りがするけど、実情としては仕方がない。その分、色々と代わりの手を打たねばならないのだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年8月 7日 07:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「偽アカウント作りはお手軽なビジネス、なのか」です。

次の記事は「松屋の新作、牛と味玉の豚角煮丼」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30