在宅ワークのために室内に個室を

| コメント(0)
パナソニックのハウジングシステム事業部は、購入した人が簡単に組み立てて約1m2の半個室空間を作れるデスク「KOMORU(コモル)」を9月18日に発売する。価格は88,000円。リビングなど部屋の角に設置することで、仕事や作業に取り組めるスペースを作れるという。

新型コロナウイルスの流行で加速度的にリモートワークやら自宅勤務が浸透した一方で、仕事とプライベートの区分がつきにくくて頭を抱えるという事例も多々聞かれる。この辺の話はいわゆるSOHOの浸透あたりから言われていることなんだけど、対策アイテムも色々と登場している。

今件はそれっぽい区分と作業机を一体化して、リビングなどで作業エリアを作ってしまうというもの。まぁ結局、仕事場のワークデスクと同じようなものを用意しましたよ、的な感じではある。賢いビジネスの切り口に違いない。

SOHOに関しては海外の方が先行していたから、この類のアイテムも当然海外の方が多い。試行錯誤のアイテム展開なので正直首を傾げるようなものもあるけど、今件のものよりももっと本格的なものも多々見受けられる。

直接オーダーするのには相応の対価が必要になるので自作を、と考えている人も、まずは今件のようなアイテムのコンセプトを持つものを、国内外を問わずにチェックしてみてはいかがだろうか。今サイトでも何度か紹介した記憶もあるんだけどね。例えば【勉強に集中するための個室を創ろう】が良い例かな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年8月 6日 07:23に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「鬼滅の刃」になり切りたい人に」です。

次の記事は「アニメ人形セットなるもの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30