ポテサラ論争で一つだけ自作を勧める理由

| コメント(0)


ポテサラ話そのものはベースとなったやり取りの信憑性とか設定の曖昧さとか色々とあって、あまり触れたくはないものなのだけど、もう一つだけ。ポテトサラダを自作すべきという話を肯定するとすれば、それは食事上の制限があって総菜の類が使えない場合。最近は業務スーパーで業務用のポテサラとかも売っていて、総菜として買えるのならそれを使った方がいいんだけど、できないって場合もあるんだよね、栄養分の観点で。

恐らくは一番多いケースだろうと思われるのが、塩分の制限の観点から。総菜は総じて味をしっかりつけて賞味・消費期限を延ばすため、塩分が多く含まれる形となる。当然、塩分制限をしている人には天敵状態。美味しそうだし手間がかからなくてよいし食べたいけど、塩分の制限量が振り切れてしまうってことで手が出せなかったりする。

制限に合わせて自作した場合、コストも時間もかかるし、美味しいものができあがるとは限らない。往々にして、制限の上で作ったものは、無制限でのよりも美味しさの上ではランクが下がってしまう。人間の味覚ってそういう風に出来ているからね。けど、食べられないよりははるかにマシ。

ポテサラ話で自作料理を一律に非難する向きもあるけど、こういう事情もあるのだよ、というお話をば。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年7月15日 07:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「他人に向けた言葉は自己紹介と同じ」です。

次の記事は「本当の意味でのショットグラス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30