非常時の防災用品

| コメント(0)


昨今の新型コロナウイルスの流行とか、先日からの大雨による洪水とかに直面し、防災用グッズのあれこれについて見直したよ、という話。世間一般に語られている防災用品は、基本として地震災害をベースとしている。要は居住地から離れ、避難所などで最低限の生命維持活動を行えるようにするという前提のもの。

ただ、例えば台風とか新型コロナウイルスのような感染症流行などには対応し難いってのは、仕方がないと思う。まぁ台風の場合は前から定期的にやってきているので経験則などを用いればなんとかなるかもしれないけど(基本的には地震対策とさほど変わらない)、感染症流行などはあまり事例がないし、ノウハウも蓄積されていない。


実のところ感染症に関しては、10年ちょっと前に大流行した新型インフルエンザの際に、色々と検証が行われていたし当方も色々と情報収集をした。結果として引用記事にある通り、地震や台風などの自然災害に備える用品と、感染症のような自宅に巣ごもるタイプの備え用のアイテムを用意すれば合理的ではないか、と。前者の内容は後者のものに含ませることができるわけだし。

トイレットペーパーはともかく、石けんやマスクの類は、新型インフルエンザ流行の時にも必需品扱いされ、品不足が生じている。その時の教訓が活かせていれば、マスク不足などで頭を抱える事態は最小限に留められたはずなのだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年7月 5日 07:03に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「天気予報で使われる午前と午後それぞれの細かい時間表現」です。

次の記事は「サッカー台の無い100均ショップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31