マスクとRPGの疑似体験

| コメント(0)


最近では新型コロナウイルス流行を受け、店舗内に入る時にはマスクの着用を半ば義務付けているところが多くなった。ある意味密閉空間で、お客の数が増えると密状態になるともいえるからね。不特定多数の人が集まる場所でもある。

当方は実際にはまだ見たことがないのだけど、マスクを着用していないと入場を拒否される事例も実際にあるのだろう。このような状況を、特定のアイテムを持っていないと必要な場所に入れないということで、RPGっぽいとした表現。まさにそんな感じ。

ただよく考えるとRPGってロールプレイングゲームの略で、実社会を疑似的に演じた情景を意味するものだから、現実社会と同じってことでもあるんだよね。そういや正装しないと入れないオシャレなレストランとか、切符や入場券が無いと入れない駅とか、チケットが無いと入れないコンサート会場とかも似たようなものではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年6月11日 07:42に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「言われるとかえってやりたくなくなる現象」です。

次の記事は「東北北部を除いて梅雨入りへ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30