「●×を一生楽しむ本」という題名のゲーム攻略本

| コメント(0)


カートリッジ系のゲームをプレイするにあたり、そのゲームの解説本とか攻略本を調達したり買い直す必要がちらほらと出てきたりする。ほとんどはネット上の情報で十分ではあるのだけど、せっかくだからという感じで。

その本探しの中で気が付いたのが、本のタイトルで結構使われることが多い「●×を一生楽しむ本」という類のもの。お気軽イメージで「超長く使えるよ」という意味なんだろうけど、光媒体系のゲームソフトが劣化で読み込みできなくなった事例を多々体験している当方としては、「一生楽しむっていうけど、その前にゲームそのものが遊べなくなるやん」というツッコミをしてしまいたくなる。

作っている側はそこまで考えていないし、あるいは「ゲームソフトだって100年ぐらいは持つはずだ」という軽い発想なのかもしれないけど。現実は結構厳しいものだと再確認した次第ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年6月29日 06:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「東京都の新型コロナウイルス感染者数の「報道」が毎日のようにリーク情報として流される件」です。

次の記事は「コロナビールの在庫がアマゾンで復活していた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31