ツイッター内での中国の大規模な政治策謀発覚、アカウント大量削除

| コメント(0)
■中国

スパムネットワークの中核的アカウント...2万3750個
中核的アカウントをサポートするアカウント...15万個
■ロシア 1152個
■トルコ 7340個

中国の支援アカウント「一般的に、このネットワーク全体では、さまざまな操作や協調的な活動が行われていました。彼らは主に中国語でツイートし、中国共産党に有利な地政学的ナレーションを広めていましたが、香港の政治力学に関する欺瞞的なナレーションも継続していました」


先日当方のTLではかなり大きな話題に上ったのだけど、日本の一般報道は随分と静かなのだなというのが、このツイッター上での大規模な政治工作発覚事案。トルコやロシアの工作アカウントも見つかり、意図的にフェイク情報を流しているということで削除されたけど(単純に政治的なアカウントということだけなら削除対象にはならない)。

ツイッターもよくぞ特定して削除できたものだなとは思うのだけど、報告書を見る限りでは中国のやり方はロシアやトルコと比べると一段階上をいくというか、組織的だったりする。以前、今の中国は第二次大戦時のドイツと同じで、さらにタチが悪いのかもという例えをした記憶がある(方向性のドイツと国力のロシアを足したような、例えば架空戦記などで登場するロシア併合後のドイツみたいな感じ)。今回の話は、それを垣間見せるものだったりする。

...というかこれだけ色々とツッコミができる話が公の場になったのに、日本の報道は随分と静かだよな。不思議不思議大不思議。


で、これに対し中国側では「通報をして削除されたのは不当だ。通報した側が虚偽の申請をしており、中国は被害者だ」的な主張をしているわけで。宗教的な考えの雰囲気すら感じられるのだよね。

もっとも、同じようなことはまた繰り返されるはず。今回はロジックなどで削除された部分もあるので、その回避もしてくるだろう。また、手を変え品を変えての嫌がらせもしてくるはずだ。

...というかそもそもツイッターで中国国内では使えないはずだったのだけど、どうなんだ、それ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年6月13日 07:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「としまえんが8月31日に閉園決定」です。

次の記事は「新型コロナウイルスで収入が減ったら国民健康保険料も減免してもらえる、かも」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30