コンビニ大手三社が7月1日からレジ袋を有料化へ

| コメント(0)
コンビニ大手3社が7月1日からレジ袋を1枚3円で有料化することが3日、わかった。7月からのレジ袋有料化の義務づけを受けた対応で、消費者にマイバッグの持参を促し、環境負荷の軽減を目指す。

スーパーやデパート、ドラッグストアなどではすでに先行しているところも多い、レジ袋の有料化。コンビニ大手三社も7月1日から実施するというお話。

意図は分かるし環境負荷の軽減というお題目も立派なものではあるのだけど、下手をすると割りばしやストローの時のように、「分かりやすいけど正しいとは限らない」「やった側のお気持ちファーストで実情はむしろ足を引っ張っている」という感じがする。


ポリエチレンの袋に関してはこんな話もあるし、焼却炉での利便性の話もある。どうも見た目、インパクトが優先され振り回されている感じではあるのだよね。「政府は環境負荷の低いバイオマス素材25%以上のレジ袋は対象外とするが、各社は使用量を減らすため有料とする」とあるけど、なぜ使用量を減らすのかといえば、このような状況では「そのままにしていると叩かれるから」というのが正解だろう。


そもそも買物の時のビニール袋の類を減らすのは、それ自身が問題だからなのではなく、それで生じる環境負荷が問題だからという話なのであって。環境負荷を減らしているのなら、袋はそのままでもいいわけだ。これではまるで、自動車事故が無くならないので自動車に乗らないようにしようという運動と、どれほどの違いがあるのか。

また現状のコンビニでは買物袋持参を前提とした構造ではないため、レジ清算が終わった後の商品をお客が自前の袋に詰める場所がない。これまで通り店員に詰めさせるとなると衛生面や管理面での問題が生じる懸念があるんだよね。マイバッグに商品が入りきらないとか、温かいものと冷たいものをごっちゃにしなければならなくなるとか、衛生面とか、防犯面とか。色々と問題が出てくる気がするのだけど、その辺までコンビニは考えているのだろうか。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年6月 5日 07:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「店舗受け取りサービスが使えない...トイザらス・としまえん店のあれこれ」です。

次の記事は「シャープ製のマスクが到着しました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31