すき家のアレンジキットという発想

| コメント(0)


新型コロナウイルスの流行による巣ごもり現象で、吉野家はファミリー向けのセットを次々と展開し、松屋も追随する形でテイクアウト商品の大充実を実施。すき家は何をするのかなと思っていたら、こんなステキナイスな切り口で攻めてきた。

要は自社のメニューをそのまま食べるのではなく、プラスαでちょっと調理するだけで新しいメニューができるという、アレンジキットなるものを提供するという話。自社の牛丼をベースに新しい料理を提案するとか、さらにはそれがすぐにできるように素材も合わせたセットにするとか、こういう切り口のアイディアは悪くない、というかとてもよい。

実際、当方も牛丼屋とかコンビニで買ってきた飯系のメニューに具材を足してチャーハンにするというのは何度かやったことがある。メニューをそのまま食べるのではなく、食材として考えてアレンジしてしまうというもの。

これを機会に、テイクアウトを利用した半中食というか疑似内食の提案ってのも面白いかもしれないな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年5月26日 07:27に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「今年の夏は結構暑いかも予想」です。

次の記事は「10代の流行語トップ3は「それなー」「詰んだ」「陽キャ/陰キャ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31