紙資料のスキャンの時に注意したいこと

| コメント(0)


これは実際にスキャナを使ってスキャンするとか、さらにはコピーをする時に実体験すると痛いほど分かるのだけど、原稿が薄い紙だった場合、そのまま取り込み作業をすると、該当文面の反対側の文字などが透けて写りごちゃごちゃになったものが出てきてしまうことがある。コピーやスキャナの仕組み上、これは仕方がないこと。

それじゃスキャンできないじゃんという人もいるかもしれないけど、対応策は簡単至極。光を通さない紙、できれば黒い紙を上に置き、裏面が透過しないようにすればよいまでの話。ちょいと手間はかかるけど、確実にトラブルを減らすことができる。

コンビニなどでコピーをする時にわざわざ黒い紙を持ち込むのは面倒くさいかもしれないけど、自宅や職場でなら常備しておけばよいまでの話。ちょいとした手間で済むのだから、さくりと用意してしまおう。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年5月21日 07:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「芸能人でも別に自由に発言してもいいのだけど」です。

次の記事は「すき家で『シーザーレタス牛丼』『ハニマスレタス牛丼』5月27日から発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31