夏に向けての別の意味でのマスク危機

| コメント(0)


先日も似たような話をした記憶があるのだけど、この数日の高い気温の中でのマスク着用で、つくづく実感したのが「このまま新型コロナウイルス対策としてマスク着用が事実上の決まり的なものとなったら、すげぇツラいぞ」ということ。暑いし、呼吸が大変だし、水分調整が面倒なことになる。

ましてや医療用としてのもので普段使いには向いていないN95などつけようものなら、呼吸困難に陥るのは容易に想像ができる。実際、こんな話まで出てきてしまった。半ば息を止めて運動しているようなものだから。

夏にもなれば、歩いているだけでも運動しているような運動量となる状況も十分ある(ムッチャ暑い時とか)。つまり、マスクをしながら歩いているだけでかなりヤバいということ。サウナ風呂にマスクをつけたまま入っている状況を想像してみればいいだろう。

空中に散布した飛沫の飛び方の問題への検証が必要になるのだろうけど、個人的には以前も提唱したように、顔全体をカバーするサンバイザーというかレインハットの類が、必要不可欠になってくるのではないかな、マスクの代替として。無論、宇宙服みたいなものがあればそれに越したことは無いのだけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年5月10日 07:34に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「説明を求める」は「自分の望む内容を求める」ではないのか」です。

次の記事は「「予算が無いからウソをつきました、勝手にねつ造しました」は許されるのか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30