吉野家奮闘の謎

| コメント(0)


先日発表された牛丼御三家(吉野家、松屋、すき家)の2020年4月分営業成績。新型コロナウイルスの影響で外食そのものが随分と凹んでいる状況下で、かなり健闘しているのが吉野家。何しろ客数が前年同月比でマイナス1.0%に留まっている。前年同月がやたりと大きなマイナスだったからその反動で......とかいう話ではない。


実のところ吉野家の食事支援的なキャンペーンは3月27日から年齢制限・個数制限を撤廃して誰でもお値打ち価格での提供(テイクアウト限定で牛丼税込300円)となっているのだけど、3月10日からの時点では12歳以上限定・一人来店で3食分までという制限があったのだよね。

やはりこの施策が大きな勝因...といってよいのかどうか疑問だけど、ともあれ原動力になったのかな、という気はする。これまで吉野家を使っていなかった人に対するアプローチとしては非常に大きなものとなっているはずだから、新型コロナウイルスの騒動が終わった後は、良い意味での変化が期待できるだろう。

まぁ、それよりも気になるのは2020年4月分だよね、と。どこまで影響が生じるのだろうか。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年5月10日 06:55に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「東京ゲームショウ、リアルでの開催は中止」です。

次の記事は「「蒼き狼と白き牝鹿 元朝秘史」のファミコン版」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30