米国大使館の帰国勧告の中身

| コメント(0)


先日某ジャーナリスト先生の記事などで騒ぎになった、在日米国大使館の注意喚起。昨今のようなごたごたした情勢下におけるこういう話は、一次ソースを当たり、さらに周辺情報も探らないとダメだよねという良い例ではある。実際、一次ソースをたどっても、日本は信用ならない云々という話は無い。在日米国大使館側も事実誤認をしているってこともあるし、第一内容としては先日に米国務省が発したものと変わらない。医療リソースがパンパンになるので、普通の疾患を持つ人はサポートが受けられなくなるかもしれないから早く祖国に戻ってきた方がいいよ、というもの...ではあるけど、米国自身も結構アレな状態にあるような気がする。


要は先行する形で国務省が全世界対象に向けて発した警告に追随する形で、主要国の米国大使館からそれぞれ同じような「空路がヤバいから今のうちに戻ってきてね」ということを、個々の国における状況を加味した上で発しているまでの話。そういう実情にもかかわらず、やれ日本は信用ならないだとか、日本でしか告知されていないかのような伝え方をするから、大騒ぎになるわけで。

幽霊の正体見たり枯れ尾花、というところではある。困るのは枯れ尾花を幽霊であるかのようにどころか、化け物がダース単位で襲来するかのように騒ぐ筋がいることなんだよね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年4月 5日 08:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「マスク発掘」です。

次の記事は「貨物列車が再評価されているという話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30