WHOが新型コロナウイルスをパンデミック宣言

| コメント(0)
世界各地で感染が拡大する新型コロナウイルスについて、WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は、「新型コロナウイルスはパンデミックと言える」と述べて世界的な大流行になっているとの認識を示したうえで、各国に対して対策の強化を訴えました。


テドロス事務局長はこの中で、「過去の2週間で中国以外での感染者数は、13倍に増え、国の数は3倍になった。今後、数日、数週間後には感染者数と死者数、そして感染が確認された国の数は、さらに増えると予想する」と述べ、感染が今後も拡大するとの見通しを示しました。

テドロス事務局長は「われわれは、感染の広がりと重大さ、そして対策が足りていないことに強い懸念を持っている」と述べたうえで、「新型コロナウイルスは『パンデミック』と言えると評価をした」と述べ、新型コロナウイルスは世界的な大流行になっているという認識を示しました。


朝一でトレンドに「パンデミック」が上がっていたのでもしかしたらと思い確認したらやはりそうでしたというお話。元々WHOにやけるパンデミックという言葉そのものに明確な定義は無いのでWHO側のお気持ちで多分に左右されるところがあり、すでにもうパンデミック状態ではないかという指摘が多分にあったことも合わせ、遅かったよね随分と、いう感じではある。中国への忖度とかWHOが発行した債券の問題が色々といわれているけど、まぁそれはともかくとして。


専門家の肩書は持っていないので(無くても社会学者とか海外に住んでいればできるらしいんだけどね。変な話だ)解説はしなかったけど、報道の原典と記事では触れられていなかったものもある要旨をおおむね公開。要は今まで言われていたこと、推奨されていたこととさほど変わりは無い。感染した人がいる国の数がムッチャ増えたので、パンデミックと宣言せざるを得なくなったけど、今まで通りの対応をしてほしいという感じではある。いまだに中国をべた褒めしているのはいかがなものかと思うのだけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年3月12日 07:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「トイレットペーパーの買い占めと需要の反動と」です。

次の記事は「松屋の新作はカチャトーラ定食」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31