太陽光でも充電できるバッテリー

| コメント(0)


先日購入したバッテリーとしても使える電気カイロの使い心地が思った以上によくて、これはもう一つ買っておけばよかったかなとか、カイロはともかくもう少し大容量のもあってもいいかなと思いながら、アマゾンで色々と検索している。カイロにも使える20000mAhのがあったんだけどあえなく品切れで再入荷の予定が無く、再入荷を待ちつつも何か別のはということで探した結果、目に留まったのがこれ。

カイロとしては使えないけど、容量が24000mAhとすこぶる大きくて、大変よろしい。しかも太陽光発電パネルまでついていて、太陽光でも充電が可能という。うむ、これは素晴らしい。

で、仕様説明を色々と読んでいたら、「太陽光発電だけでフル充電するのには150時間かかります」とあって頭を抱える。1日10時間太陽に当てたとしても15日かかるのか。つまりそれって、実質的に電源から充電する仕様で、太陽光発電はオマケみたいなもの、というところか。

現状では太陽光発電パネルの効率が低いのでこういうことになってしまう。技術的なハードルが高過ぎるということ。これは一般の太陽光発電でも同じ。ある意味、太陽光エネルギー問題の実情を学べるアイテムには違いない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年3月28日 07:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「食料品は不足していない」です。

次の記事は「ついにマスクのおとり広告まで」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30