まんが4コマぱれっと 2020年5月号読了

| コメント(0)
↑ まんが4コマぱれっと 2020年5月号
↑ まんが4コマぱれっと 2020年5月号


定期購読刊の4コマ誌のうちの1つ。一迅社発行。表紙は「すのはら荘の管理人さん」。巻頭見開きページが何か卒業大会みたいでもうそんな時期なのかと思うと共に、そういえば最近の卒業証書は筒ではなくて厚表紙の本になっているという話が以下文字数。

■だんちがい...巻頭カラーで前回の続きの結果。夢でしたというオチはナシ。それにしても随分とギリギリな成績だったようで祝われ方もだんちがい。でも高校デビューというオチがある。
■氷室の天地...いなくなったはずの人物がまだいてびっくり。トリビア話は今回は特に込み入っているけど途中から違和感があったのは結局そういうことなのね...ってアレか、前回分まで含めて夢だったという壮大なオチではないよね。
■学食「ハナ」のしあわせごはん...迷子との遭遇でドタバタモード。食堂でそういうアイテムがあるのは結構珍しいかも。そして最終ページだけ特に意味も無くカラーなのも珍しい。
■白の魔法の売り子さん...通勤時間ゼロ分だけど遅刻寸前。素晴らしい。色々とボケてるのが素なのか、分からないのが魅力ではある。
■獅子堂さんに叱られたい。...前回あたりから段々ポンコツぶりの方が強調されるようになってきたけど、だがそれがいい。比率としてはこのぐらいのノリの方がいいな。


「隣のコワい」「オーダーメイド」「やさしい教師」はお休み。「氷室行進曲 冬木GameOver」は不定期で今回もお休み。


内容とは全然関係ないけど、新品を買ってきたのに後ろ10ページぐらいがばりばりに敗れていてかなりショック。シュリンクされていた時には気が付かなかったよ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年3月21日 14:53に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「情調的表現を用いるジャーナリスト」です。

次の記事は「DeepL翻訳というステキナイスな翻訳サービス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31