今年のインフルエンザの報告疾病数はもりもり減っている

| コメント(0)


何度か報じられてはいるけど、一応自分でも調べ確認しておいた方がいいだろうなということで、以前新型インフルエンザの時に使いまくった、東京都の感染症情報センターによる東京都でのインフルエンザの報告数。あくまでも東京都に限った話で全国区ではないのだけど。

直近年分をはじめとする過去五年間の実情を並べたのだけど、確かに今年度分は非常に少ない数に落ち着いている。これが直ちに新型コロナウイルス関連で皆が感染症予防をしているからとは断言できないけど(暖冬によるところも大きいはず)、実数としては少ないのは事実ではあるよ、ということで。


似たような話は10年程前の新型インフルエンザの時にも生じている。皆が新型インフルエンザ対策をしたことで、通常のインフルエンザの報告数も激減したという次第。今年度は新型インフルエンザの時と比べるとまだ多いんだけどね。というか新型インフルエンザの時は、通常のインフルエンザとごちゃごちゃになっている可能性も否定できないし。

ともあれ、丁寧な手洗いとうがい。これは今後もずっと続けていく慣習とすべきに違いない。簡単だけど、劇的な効果があることが立証されたのだから。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年2月20日 07:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「マスクのテンバイヤーが取った新たな利ザヤ確保の手法」です。

次の記事は「サイコミの囲い込み」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31