発掘したマスクを使う時の注意

| コメント(0)


マスク事変とでも表現すべきかってぐらいに巷でのマスク不足が話題に上る今日この頃。実のところ新型コロナウイルスに限れば一般の人がマスクを使う必要性は無きに等しいのだけど、当方のように元々花粉症だったり喉が弱い人には欠かせないものだから、「僕のマスクはどこにいったの」的な阿鼻叫喚状態なのは否定できない。

当方に限れば目に留まればマスクは逐次購入蓄積しているし、作業時にマスクをかける必要性が結構生じることもあるので、予備のマスクは余裕があって、慌てて購入する必要が無いのが実情。不足感が生じ始めた時に一応買い増しをしておいたし。

ただこんな感じでマスクを常備していると、昔のマスクを取り出して使おうとするときに注意してほしいのが、マスクが使える状態のままで保全されているかどうか。梱包が雑なもの(箱詰めされているけど個別のマスクは地のままとか)だと、経年劣化が生じ、見た目は新品だけど実はかびていたり腐れていたりすることがある。食べ物じゃないけど、そういうことって実は少なからずある。

当方も備蓄品なり書庫にため込んでいたあれこれを片付けている際に、その類のマスクも見つけているのだけど、少なからずがこの「かびていた」状態になっていた。臭いをかぐと明らかにかび臭いのだよね。無論こんなものをつけていたら逆に体がおかしくなるので、即まとめて廃棄。

そこまで備蓄している人はそういないとは思うけど、念のため忠告をばということで。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年2月12日 07:21に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「ヒトラーの誕生日」の話」です。

次の記事は「有事に報道や有識者がいかなる姿勢で「職務」を果たすのか、役に立つ存在として区分してよいのかを確認できる良い機会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29