お薬手帖のコピーを持参するのが面倒くさいのなら最新のページをスマホで撮影しておけばいいじゃない

| コメント(0)


先日のお薬手帳の記事でちらりと触れた件。何か記事タイトルだけで終了してしまいそうな話だけど、結構ツボを突いている感はあるので、別途覚え書きとして。

実のところお薬手帳をコピーして持ち歩く云々ってのは結構面倒くさい。システム手帳とか名刺入れ、定期入れに挟んでおけばいいのだろうけど、薬の内容が更新されるたびに再度コピーするとなると、面倒くさいから別にいいや、なんてことになっておざなりになるのは容易に想像ができる。

だったら今の人は必ずといってよいほどどこに行くのにも持ち歩くスマホに、コピーを貼り付けておけばいい...というのは無茶があるので、カメラ機能で撮影してデータを保存しておけばよい。これなら面倒なことは無い。薬の内容が更新されたらそのたびに撮り直し。

当然、撮った写真からすぐにお薬の内容が判断できるぐらいには文字がきれいに見える必要がある。撮ったけどぶれてて見えないよ、とかいうのでは意味が無い。まぁ、ルーチン化しておけば......というか極端な話、処方箋をもらうたびに写真を撮っておけばいいまでの話だな、よく考えてみれば。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年2月12日 07:01に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「医療機関の衛生素材を略奪する行為」です。

次の記事は「「ヒトラーの誕生日」の話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29