数分ですぐに作れるよという調理機器のワナ

| コメント(0)


間違ってはいないけどなんか思っていたのとは違うよね、というよくある話。レンジを使って10分でご飯が炊けるというステキナイスな調理機器を調達してみたら、下ごしらえ的な時間が30分必要で、さらにレンジを使った後に20分の蒸し時間も必要だという。全部で1時間やん。

無論、事前の30分水に浸している時や、レンジをかけた後の20分蒸しはずっとその場で待っている必要は無く放置していて問題ないのだけど、10分で出来るっていうキャッチコピーからは想像できないよね、と。

最後の一コマでレンジですぐに作れるサトウのご飯を選択したのは非常によく分かる。今件調理機器って要は炊飯器を持っていない人向けのものっぽくて、ここまで手間と時間がかかるのなら素直に炊飯器買った方がいいよね、ということになる(お米自体は自分で買っているという前提だから)。

語っている内容そのものに間違いはないけど、前提条件とか連動する形で発生する手間とかが表記されておらず、実際に利用してみるとかなり手間がかかるとか時間を費やしてしまうという話は結構ある。使った人の口コミが重要視されるのは、こういうケースがあるからなんだろうな、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年2月 8日 07:47に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「米国の人は映画館より図書館に通う」という報道」です。

次の記事は「米国のインフルエンザの話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29