「電撃PlayStation」定期刊行終了との報

| コメント(0)
KADOKAWA Game Linkageは、同社の発行する月刊ゲーム専門誌「電撃PlayStation」の定期刊行を2020年3月28日発売のVol.686を持って終了することを発表しました。

家庭用ゲーム機のプレイステーションを対象としたゲーム専門誌は、最盛期には1ダースぐらいはあったんじゃないかという感はある。ここ1年ぐらいの室内大掃除大会の中で、プレイステーションの名前を冠した雑誌、結構あったし。

で、それらの雑誌も次々と消え、数少ない生き残りの存在だった「電撃PlayStation」も終了してしまうとのお話。ただ、あくまでも定期刊行の終了で、不定期刊行は行うし、ムックなどは展開するだろうし、ウェブ上での記事展開は継続するということ。電撃を冠した雑誌といえば似たようなパターンとして電撃王があったけど、結局は無くなってしまったなというのを思い返すも、プレイステーションがある限り電撃PlayStationのオンライン版での記事展開は続いていくのだろうな、という感はある。

ただ正直なところ、ウェブでの展開ってビジネスモデルとしては厳しい気がする。費用対効果がどうしようないぐらいな状態。紙媒体同様にメーカーから広告引っ張ってきたり、タイアップ記事の形で売上をあげていくのなあ、と。

何か良い施策があるといいのだけど、こればかりは難しい。容易に構築できるようなものなら、すでに他がやっているはずだからね。有料マガジン化しても、集客は困難だろうし。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年2月27日 07:08に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「マクドのてりたま、3月4日から登場」です。

次の記事は「マスクはどこへ消えた?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31