四半期GDPの前年同期比が年換算でマイナス6.3%だったという話

| コメント(0)


先週発表された2019年10-12月期のGDP(国内総生産)が前年同期比でマイナス1.6%、年換算でマイナス6.3%になった件。色々とあちこちでご意見が挙げられ、その少なからずでツッコミをフルスロットルでしたくなるような話があったのだけど、勢いがついているうちは例え正論を述べたところで吹き飛ばされるか勢いだけでぶん殴られるのがオチなので黙っていたけど、そろそろいいかなということで。

指摘にもある通り、マイナス6.3%はあくまでも単純に四半期の値を4倍したまでの話。その方が分かりやすいからということだけど、それをリーマンショック時の1年通した上での前年比と比較して云々ってのは少々オカシイと気が付いてほしいものではある。100メートル走で11秒で走れたら、400メートルなら44秒で走れるよね、という感じだ。無理だな。

四半期単位でのGDPが下がろうが上ろうが、年率換算するのはあくまでも目安であって、確定した過去の年率のGDPの動きと単純に比較すると奇妙なことになる。無論、経済の流れが今後もずっと同じ動きならば、単純に4倍して年率と同じとしてもいいのだけど。

第一指摘にもある通り、暦歴での年率はプラス0.7%と出ているのが吹き飛ばされてしまっているのが変だよね、という感じではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年2月25日 07:09に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「新型コロナウイルスにかかわる経済的な支援策」です。

次の記事は「「下に落ちたら死ぬ」遊びのツール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31