3~4月ぐらいはリサイクルショップに注目

| コメント(0)


そもそも論として行動領域内にリサイクルショップ、特にオフィス系の調度品を取り扱う店が無ければ話にならないのだけど、ある場合には聞き耳を立てておいた方が良い話。要は年度末決算を乗り越えられずに破綻したり事業転換するようなケースが少なからずあるので、そういうところが手放すオフィス系の機材は、比較的新しい新中古レベルのものが出てくる可能性があるよ、というもの。

企業によって決算月は違ってくるから、年中このようなパターンでリサイクルショップをチェックするのがベストだけど、年度末前後は特に掘り出し物が出てきやすいってのは理解できる。

...ってああ、よく見直したら物理的なリサイクルショップじゃなくて、中古のオフィス製品通販サイトか。

カテゴリ:

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年2月14日 07:23に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「なぜ悪役のトップは種明かしをするのか」です。

次の記事は「雪まつりの来場者数は前年比で70万人減だった件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29