安上がりは体重上がりで不健康上がり

| コメント(0)


携帯電話のキャンペーンで牛丼一杯無料でゲットするために、寒空の中で数時間も立ち並ぶのはどうなんだろうかというお話と同様なんだけど(並ぶこと自体が楽しいと考えているのなら話は別)。節約レシピの類でよく見られる、金額的には安くつくけど、その分調理人の労力とか時間がかかるってのは、結局のところはお金を個人のリソースで代用しているだけである(しかも効率は悪い)って話。いや逆か、個人のリソースをお金で代用するってのが外食なり中食なりインスタント系の食品の購入ってことになるのだな。

お金を出して何かを買うという行為は、買ったものを自ら作るのに必要となるリソースと時間を、お金に切り替えたことになる。しかも大抵は効率化されている。100円で売っているお菓子を自分自身が100円分の材料と時間、作るだけの技術で調理できるかというと無理だから。食事における節約は、往々にして時間とリソースの浪費となってしまう。


似たような話としては空腹感を満たすためだけならば炭水化物をもりもりと意図的に取ればいい。もちろん体には悪いので、そういう食事ばかりをしていると体を壊してしまう。食費を切り詰めていくと自然にそういうタイプの食事となってしまうので、結局不健康となり、医療費がかさんでしまう。健康な肉体は健全な食生活に宿る、というところだな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年1月29日 07:43に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「コロナウイルスによる新型肺炎の中国外での患者の7割は男性という話」です。

次の記事は「賃金とは労働市場の需要と供給で決まる、のだけど」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29