カプセル玩具「黒電話の感触」取得

| コメント(0)


「電話を回す」という表現が分からない人も多くなっているであろう、ダイヤル式の電話のダイヤル部分のみを再現したカプセル玩具の「黒電話の感触」。先日の公衆電話のミニチュアといい、最近古い電話がブームなのか、という感もあるけど、今件はちゃんとダイヤルが回るというのがミソ。ただ、黒電話そのものを知らない人が見たら、なんか変なギミック付きのおもちゃだなぐらいにしか反応しないかも。

で、その「黒電話の感触」を出先で見つけたので1回だけトライ。結果としては一番オーソドックスな黒電話Aタイプが出てきた。ダイヤル中央部分の自前の電話番号などを書くエリアまでちゃんと再現されているのがステキ。


ダイヤル部分の回転のようすは昔の映像資料を探ればいくらでも出てくるのだろうけど、見たことが無い人にはやはりこれを見ても何か変なのー、ぐらいしか感想が出てこないと思う。回転させて戻ってきて、バネとかチョロQみたいだな、とか。

何にせよ、「黒電話の感触」という名前には恥じないほどの良い出来栄えには違いない。何かの役に立つかというと、まったく何の役にも立たないのだけど(笑)。せめてキッチンタイマー機能があればよかったのに、というかそれは300円では無理か。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年1月24日 07:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「サイン本と遺品処理」です。

次の記事は「ストローに使えるクッキーが実売される」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29