壊れたパイロンがカプセルガチャに

| コメント(0)


パイロンってのは要するにカラー●ーンのこと(商標なのでアレ)。道端などでよく見かける、置き去られたり不法投棄されたりして劣化し、朽ち果てた感じのパイロンがそのままカプセルガチャになったというもの。実物を見ると「ほしい」と思うのは必至だけど、いくつか買いそろえて並べると、「何でこんなもの買ったんだろう」と後悔すること必至。でも止められないのが小物好きの性。

個人的には「穴あきパイロンと割れたパイロンウェイト」が一番よく見かけたりする。周辺に割れた破片が散らばっていたりするんだよね、結構。

先日紹介した、中にLEDが入っていて点灯する、まだ壊れていないタイプのパイロン玩具と一緒に並べると、諸行無常感を覚えられていいかもしれない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年1月21日 07:07に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「マクドナルドで肉たっぷりなダブチとかが出るぞ」です。

次の記事は「行方不明者の実情」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29