通院先の病院そばのイオンの本屋さんが閉店

| コメント(0)


プライベートネタ的なところがあるけれど。昨日通院検査をした帰りに立ち寄った、練馬光が丘のイオン内にある本屋さん。何かさり気に立て看板的なものがあったので見てみたら、閉店のお知らせ。巡回時に何度となく足を運んでいる馴染みの本屋さんなだけに、ああ、ここもまた歴史の幕を閉じるのか、的な感が。

もっともこのイオンでは店内随所で改装を行っており、在庫処分セールとか空になった棚があちこちで見受けられる。年度末区切りで大規模な模様替えをするので、その際にということなのだろう。まぁ、隣接する西友にはまだ本屋はあるのだけど。

ただ、正直なところ、いつ足を運んでもお客の数がまばらだったことは否めない。いかにもデパート内にある本屋って感じには違いないけど、それ以上の特性がなかったのも事実。周辺環境が色々と動いているので、現状維持のままでは置いてかれてしまうってことなんだろうな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年1月17日 06:43に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「高齢者が新技術を敬遠する理由と、それが許されない現代社会」です。

次の記事は「ナッツがもりもりな板チョコ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29