総務省の「日本の長期統計系列」が消えた件

| コメント(0)


先日データを色々といじっていた時に見つけたお話。いや、無くなったのを見つけたのか。総務省統計局の白書的なライブラリの中で、結構長期にわたるデータを集約していた「日本の長期統計系列」。これが無くなっていた。昨年末に精査した時にはまだあったから、タイミング的には今年に入ってさくりと消されたようだ。

元々これって民主党政権時の例の仕分け作業の一環的な形で、アクセスが少ないから利用されていないので無駄だから停止ってことで、2012年3月に更新を終了させられてそのままになっていたんだよね。それから8年近くもそのまま保全されていたのだから、ある意味よく頑張ったともいえるのだけど。

やはりデータの類ですら、アクセスされないと用無し判定されるのかなあ、データってのは利用者の多い少ないではなく、存在すること自体に意味があるのになあ、と嘆いたりもする。アクセスのあるなしでしか存在意義を判断しないのは愚かでしかないのだけど。


統計局内のリンク集ではまだ残っていたり、データの一部はキャッシュで残っていたり、大元のデータをたどればいいのではというお話もあったりするけど。それはちょっと違うのだよね、という感しかない。

あるいは単に移行期間で、正月が明けたら新しい場所に移っていた、というだけならいいんだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年1月 3日 08:01に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「日本では起訴されたら99%が有罪になる」という話」です。

次の記事は「魔法のiらんど(の機能の多分)が終了する件について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30