生活費の損得勘定

| コメント(0)


引越しして家賃は高くなったけど、環境が変わったら色々と出費を減らせるようになって、かえって生活費が安くなったかもしれないというお話。実のところプロバイダの件は世帯数が多いとベストエフォートでえらいことになりかねないような気もするけど、ネット回線とケーブルテレビが無料ってパターンは最近結構見かけるようになったので要注目な話には違いない。

この辺りって結局のところ実際に住んでみないと分からないことも多いのだけど、事前情報でも調べればそれなりに実情を把握することは可能となる。住む家を探す時には色々な条件を加味しなきゃいけないけど、住み始めた後の生活費としてどれだけ必要になるか、どこまで安上がりにできるか、そのサービス度合いにも焦点を当てたいところ。

最近特に賃貸住宅では色々とオプション的なお得要素を実装しているけど、その実情のアピールはあまりしていないような気がする。実例を挙げて、うちの住宅に住めば生活費がこれだけ浮きますよ、という話をしていくと、大いに集客に役立つような気がするのだけどね。

一方で引用元の事例の場合、大元の会社がこけたり気が変わって料金を上げたりすると、生活費が一気に跳ね上がるので注意は必要だけれど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年12月11日 07:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「最近の読者は努力が嫌いだから努力ものは売れない」」です。

次の記事は「前輪ロック式駐輪場の盲点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31