目標を肯定形にすると成功率が上がるという話

| コメント(0)


実際のところどこまで効果があるのかは統計の取りようが無いのでどうしようも無いのだけど、発想としては面白いしポジティブだし本当にありそうだし、似非科学とかフェイクネタのようなものでもないし、実害が生じるわけではないので、発想の転換的な手法として覚えおくのもいいかな、という件。生活の知恵みたいなものかな。

要は目標を設定する時に否定的な要件にしてしまうと達成が難しくなるので、肯定的な表現に言い換えてみようというもの。否定的だと忌避をしなきゃならないけど、肯定的だと積極的にそれを成すことになるってのが多いので、能動的に動けるってのがポイントなのかな。

ともあれ、具体的に何をするかというのはまた別の話になるけど、これは無意識のうちに出来るように、訓練をする必要かあるかもしれない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年12月 5日 07:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ようやくすき家でも鍋定食がスタート」です。

次の記事は「核燃料棒の件は模型で確定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31