アマゾンで商品を買ったらギフト券が当たるからレビューをしろという謎のお手紙が入っていた件

| コメント(1)


以前にも似たような話をしたかな。主に中華系のマケプレ業者がやらかしている事案のようで、商品にこっそりとこの類のニンジン付きな太鼓持ち、ステマ的なコメントを書きましょうという誘導をするメッセージが同封されていることがある。あるいは購入後に登録しているメアドに似たような文面のメールが送られてくるとかね。

これってアマゾン側が指摘している通り、「出品者より商品レビューなどを促す行為は規約上禁止」なので、明確な規約違反。にもかかわらず横行しているってのは、多分に中華系における商慣習が一般のとは異なるからなんだろう。だから彼らは問題点を指摘してもまったく悪びれない、いけないことをしたとは思っていない節がある。むしろ営業活動として当然の権利であるとすら思っている(ツッコミなどは経験済み)。

「QRコードとよくわからんメールアドレス」とあったけど、どこに誘導されるのか分かったものでは無い。先行する記事で書いた、ワン切り詐欺とどれほどの違いがあろうか。

この類のものは何もかかわらずに破棄するのが一番なんだけど、引っかかってしまう人がいるし、買い物をする上で大きな不安要素には違いない。アマゾン側も消極的対処法だけでなく、積極的に規約の行使をしてパージをしてほしいものだけどな。

...それにしてもギフト券に関して「(当たる確率わずか5%)を獲得!」とか、ドヤれることじゃないぞ、と。

関連記事             

コメント(1)

>それにしてもギフト券に関して「(当たる確率わずか5%)を獲得!」とか、ドヤれることじゃないぞ、と。

たぶん、「あなたはその5%に入りました、おめでとう」的な物なのでしょう(笑

私はamazonの、購入、vine、マケプレに関わって居ますが、中国メーカーがFBA利用しだしてからは、特定商取引法無視の販売者。詐欺まがいな商品。
不良品は交換するのでレビュー訂正しろとの圧力など。ほんと質が落ちたと感じますね。

コメントする

            

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年11月22日 07:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ワン切り詐欺ふたたび」です。

次の記事は「まんが4コマぱれっと 2020年1月号読了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31