昔の教科書や百科事典の価値

| コメント(0)


世の中の常識や歴史的事実というのは少しずつ変化を遂げていくわけで、現時点での正しい情報を取得するのに過去の情報を引用したのではトラブルの元になる。それ故に、ベースとなる情報が載っているタイプの本は、買取することは滅多にない。これはここ1年程の間、書庫などの片付けと買い取りをしてもらっている当方にとっては痛いほどよく分かる話。見方を変えて、その本を古本屋で買うかどうかを考えれば一目瞭然。

ただ一方で、当時の「事実」「正しいと思われていたことの認識」を知る意味では、非常に高い価値を生み出すこともまた間違いない。ただし、そういう情報が必要な人ってのは限られているので、一般市場では値の付けようがないから、散逸してしまいがちだったりする。

当方も掃除でまだ手を付けていない段ボール箱の山の中で、数箱分ぐらいの教科書やテスト用紙があったりする。この辺りも捨てずにコンテンツ化すると面白いのだろうなあ、という気はする。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年11月21日 07:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「切り抜き画像サービスremove.bgがステキナイスすぎてつらい」です。

次の記事は「西友のパート募集チラシにもいらすとやさんが」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31