ポテトがてりやきマック味になる時代

| コメント(0)
日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:日色 保)は、てりやきマックバーガー30周年を記念した「マックにムチャぶり!」キャンペーンとして、新商品「シャカシャカポテト てりやきマックバーガー味」を、11月18日(月)から期間限定で販売いたします。また同日から12月6日(金)までの19日間限定で、「マックフライポテト全サイズ150円キャンペーン」も実施いたします。


「てりやきマックバーガー」30周年を記念して作られた「シャカシャカポテト てりやきマックバーガー味」は、生姜風味の甘辛いてりやきソースと爽やかなレモン風味のマヨソースが特長の「てりやきマックバーガー」の味わいを再現した、自慢の一品です。生姜やニンニク、醤油のコクと旨みの中にスイートレモンソースの風味がふわっと口の中に広がる、マックフライポテトの味わいをお楽しみいただけます。


マックが全サイズ同一価格ってのは結構よく行われる話ではあるけど、マックフライポテトにてりやきマックバーガーの味わいを持たせるってのは発想の転換というかすげー面白い。いや、技術的には容易なんだろうけど、その発想は無かったわ、的な。これなら例えばチキンマックナゲット味のマックフライポテトとか、マックシェイクチョコ味のまっフライポテトとか色々と応用が利きそう。そして結構ウケる気がする。

どこまでYOSHIKI氏が言及したのかは別として、今のマクドナルドの勢いを示す商品として注目に値すべきものに違いない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年11月15日 07:27に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「取材商法はいまだに」です。

次の記事は「朝日新聞のインチキがん治療の本の広告とヘイポーの謝罪文的な謝罪内容」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31